ワンカルテ > 愛犬の健康を守る > 【獣医師が解説】犬の歯磨き嫌いを克服しよう。愛犬が歯磨きを嫌がる原因と対策とは?

【獣医師が解説】犬の歯磨き嫌いを克服しよう。愛犬が歯磨きを嫌がる原因と対策とは?

最終更新日:

いざ愛犬の歯磨きをしようとすると嫌がってしまう・・・そんな経験はありませんか?
犬は口元を触られることを嫌がります。そして嫌がることを無理に続けてしまうと余計にストレスとなり、今後歯磨きができなくなってしまいます。

まずは口元を触る練習から始めましょう。そして慣れてきたら本格的にデンタルケアグッズを使って、歯磨きをしていきましょう。

犬が歯磨きを嫌がる主な原因とは?

皆さんは『マズルコントロール』と言う単語をご存知ですか?しつけをする際によく聞く単語かもしれません。

マズルとは、犬で言うと鼻先から口にかけての部分を指します。このマズルの部分は、母犬が子犬のマズルを噛むことで上下関係を教えてしつけをする、と考えられています。

しつけの際に飼い主さんが母犬の代わりにマズルコントロールを行うことで、犬と親密な関係が築けるとされています。

そんなマズルの部分なので、慣れないと触られるのを嫌がって当然ですよね。歯磨きをする場合はこのマズルの部分を触る必要があります。そのため最初はどうしても嫌がってしまいます。

犬は歯磨きをする理由も分かりません。いきなり口の中にシートや歯ブラシなどの異物が入ってきたら・・・人でもびっくりしますよね。

シートや歯ブラシが嫌なものだと認識してしまうと、次に飼い主さんがそれらを手に持っているだけで逃げてしまいます。

犬の苦手を克服!歯磨きを上手にできるようにするには?

歯磨き上手になるには、いくつか方法があります。順番に試してみてください。

STEP1:まずは口元を触ることに慣れましょう

普段触られて喜ぶような頭や顎を撫でて、犬をリラックスさせてあげます。

犬が落ち着いていることを確認できたら口元を触ってみます。口元がタッチできたらご褒美をあげる、を何度か繰り返します。

口元が触られるようになったら続いて歯茎をタッチしてみましょう。歯茎が触れたらご褒美をあげます。これを何度か繰り返します。

歯茎が触れるようになったら実際に歯磨きをしていきます。最初はガーゼやシートタイプのものが扱いやすいのでお勧めです。

乾燥していると歯茎を傷めてしまい、痛みが生じることがあります。必ず歯磨きペーストやお水などで濡らした状態で行いましょう。

STEP2:実際に歯を磨いてみましょう

口元タッチに慣れてきたら、次は犬の歯を磨いていきましょう。

ガーゼやデンタルシートで磨いてみましょう

ガーゼやシートタイプのものを指に巻いて、歯を一本一本丁寧に磨いていきます。
口を大きく開けると嫌がってしまうので、指を歯に沿わせながら奥のほうに挿入していきます。

このとき歯に触れながら歯並びや形状を知っておくと、今後歯ブラシを使う際に磨きやすくなります。

歯ブラシに挑戦してみましょう

ガーゼやシートタイプに慣れたら歯ブラシにステップアップしましょう。歯ブラシを見せたらご褒美を与えます。これを繰り返し、歯ブラシは好きなもの・楽しいものと認識させます。

次に歯ブラシで歯茎をタッチできたらご褒美を与え慣れさせます。

歯ブラシを口に入れることができたら、実際に磨いていきます。歯を一本ごとにゆっくりと歯と歯茎の間を中心に磨いていきます。
歯の内側は磨ければ理想的ですが、内側は舌で舐めとるため、外側よりも歯垢は付きにくいです。まずは外側ができるように慣れていきましょう。

初めから完璧に歯磨きを行おうとすると時間がかかってしまいます。愛犬や飼い主さんのストレスにならないように、焦らずゆっくりと愛犬に歯磨きを受け入れてもらいましょう。

犬の歯磨きQ&A

犬の歯磨きでよくあるQ&Aをまとめました。

Q1.歯磨きをすると犬が痛みを感じているようです。続けてしまって大丈夫ですか?

獣医師の回答

痛みを感じてしまっている状態で無理に歯磨きを続けてしまうと、犬にとってストレスになってしまいます。まずは痛みの原因を確認しましょう。

ガーゼやシートタイプ、歯ブラシなどで歯磨きをする際は、乾燥した状態だと歯茎を傷つけてしまいます。その際に痛みが生じることがあるため、乾燥している場合は歯磨きペーストやお水などを付けて濡れた状態で行いましょう。

既に歯周病がある場合は痛みを感じることがあるので、かかりつけの動物病院に相談すると良いですね。

Q 2.歯磨きが上手にできたら、ご褒美におやつをあげて良いのでしょうか?

獣医師の回答

歯磨きが上手にできたら、おやつを与えて問題ありません。
おやつを食べたあとの食べかすも、やがて歯垢になり放置すると菌が繁殖します。

しかし犬は歯磨きがなぜ必要なのか、分かりません。歯磨きを少しでも楽しい時間にするためにおやつを与えることは、ストレス緩和のために必要といえます。

おやつの他にもたくさん褒める、頑張ったらお散歩に行く、など愛犬が喜ぶことを歯磨き後にしてあげると良いですね。

Q 3.人間の歯磨き粉や歯ブラシで犬の歯磨きをしても大丈夫でしょうか?

獣医師の回答

犬用の歯磨きジェルは、水で磨くよりも歯垢を付着しにくく、菌の繁殖を防いでくれるので
とてもお勧めです。しかし、人間用の歯磨き粉は絶対に使ってはいけません。

人間用の歯磨き粉は歯を磨いた後に、水ですすぎ吐き出すことを前提に作られています。犬はすすいで吐き出すことができないため、飲み込んでしまいます。

また、人のようにスッキリとするような爽快感なども求めていません。そのため発泡剤や香料も犬の歯磨き粉には必要ありません。

さらに人間用の歯磨き粉には犬には有害なキシリトールが含まれているものがあります。キシリトールを摂取すると、量によっては命に関わります。注意してください。

歯ブラシに関しては人間用でも問題ありません。その場合は小児用のヘッドが小さいものが使いやすいでしょう。犬用のものは毛が抜けにくく、ヘッドが小さいタイプが多いので、人間用のものでやりづらいと感じたら、犬用の製品も一度見てみて下さい。

Q 4.歯磨きは1日何回行えば良いでしょうか?

獣医師の回答

1日1回、毎日磨いてあげることが理想です。歯垢が歯石になるのに、およそ3日程度と言われています。あまり日が空いてしまうと歯垢が歯石に変化し、歯磨きでは取れない状態になってしまいます。

毎日すべての歯を完璧に磨けなくても問題ありませんが、歯垢が歯石にならないうちにできるだけ毎日磨いてあげられると良いですね。

Q 5.歯磨きガムは歯磨きの代わりになりますか?

獣医師の回答

歯磨きガムは、あくまでも歯磨きの補助的な位置づけです。歯磨きガムは食べる(成分が体に入る)ことで効果があるわけではありません。
きちんと噛むこと、歯の表面がガムと擦れて汚れを取ること、で効果を発揮します。

そのため歯磨きガムのサイズが合わないと、きちんと歯で噛むことができません。それでは意味がなくなってしまいます。

また硬すぎる歯磨きガムは歯が折れてしまう危険性があります。硬すぎず、手で曲げられる位、歯が食い込む位、の硬さのものを選んでください。

奥の大きい歯に歯垢がつきやすいので、できれば飼い主さんがガムを持った状態で、口の横から奥の歯付近にガムを入れてあげて、少しずつ噛ませていくとより効果的です。

犬の歯周病を予防する方法についてはこちらの記事で解説しています。

歯磨きはあせらずじっくりと

もともと犬は口元を触られるのを嫌がるため、はじめは歯磨きを難しく感じるかもしれません。まずは口元を触る練習からはじめ、愛犬も飼い主さんも無理なく続けられる時間にしていきましょう。

続けることで口臭を防ぐことや歯周病予防につながります。焦る必要はないので今日から始めてみませんか?

この記事を書いた人

千葉 恵
獣医師

日本獣医生命科学大学卒業
卒業後、千葉県の動物病院にて小動物臨床に従事

あわせて読みたいコラム

あわせて読みたいコラム